コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宅地建物 たくちたてもの

不動産用語辞典の解説

宅地建物

宅地建物取引業法における「宅地」とは、現在建物が建っている土地、または建物を建てる目的で取引される土地のことをいいます。
また、都市計画法に規定する用途地域内の土地については、道路や公園、広場など公共施設の土地を除き、すべて宅地として取り扱われます。
「建物」については、宅地建物取引業法による用語の定義は特にされていませんが、住宅以外にも事務所や倉庫などが含まれます。

出典 不動産売買サイト【住友不動産販売】不動産用語辞典について 情報

宅地建物の関連キーワード不動産適正取引推進機構宅地建物取引主任者重要事項の説明義務クーリング・オフ宅地建物取引業者取引態様の明示宅地建物取引業都宅協への入会専任媒介契約重要事項説明不動産仲介業宅地建物調停所有権留保大澤亜季子民事調停法不動産の日山田誠一郎仲介手数料地方整備局さとう一声

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宅地建物の関連情報