コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宅地建物 たくちたてもの

1件 の用語解説(宅地建物の意味・用語解説を検索)

不動産用語辞典の解説

宅地建物

宅地建物取引業法における「宅地」とは、現在建物が建っている土地、または建物を建てる目的で取引される土地のことをいいます。
また、都市計画法に規定する用途地域内の土地については、道路や公園、広場など公共施設の土地を除き、すべて宅地として取り扱われます。
「建物」については、宅地建物取引業法による用語の定義は特にされていませんが、住宅以外にも事務所や倉庫などが含まれます。

出典|不動産売買サイト【住友不動産販売】
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宅地建物の関連キーワード代理宅地建物取引業法宅地建物取引業宅地建物取引主任者宅建業法営業保証金重要事項の説明宅地建物取引業協会宅地建物取引主任者証媒介(仲介)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宅地建物の関連情報