注文(読み)ちゅうもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

注文
ちゅうもん

相撲用語で作戦のこと。特に立ち合いの奇襲作戦の場合によく用いられる。「注文をつける」は「勘定をつける」と同じ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐もん【注文/×註文】

[名](スル)
種類・寸法・数量・価格などを示して、その物品の製造や配達・購入などを依頼すること。また、その依頼。「酒の―をとる」「新刊書を―する」
人に依頼したり、自分が希望したりするときにつける条件。「原作者の―にこたえた演出」
注進状」に同じ。
文書。かきつけ。
「各々聞き書きの―に子細(しさい)を載せられたり」〈盛衰記・二七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうもん【注文】

日本の古文書の一様式。〈しるしぶみ〉ともいう。ある事柄を調査し,その要件を明細書きにしたメモ。〈一,○○○,一,△△△〉と連記する〈一つ書き〉の形式をとることが多い。主として財物のリストとして作成された目録と相違して,書きあげの対象は人名,人数や物品の数量・種類など,まったく任意であった。また1通で独立した報告書として機能した注進状と異なり,注文は,文書として提出することを予定しない手控えか,明細報告書として上申文書などに添えられた副進文書をも含む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうぶん【注文】

注釈の文。 「天上の戸籍帳には既に一対の夫婦と-になつていゐるやうです/露団々 露伴

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の注文の言及

【注文】より

…主として財物のリストとして作成された目録と相違して,書きあげの対象は人名,人数や物品の数量・種類など,まったく任意であった。また1通で独立した報告書として機能した注進状と異なり,注文は,文書として提出することを予定しない手控えか,明細報告書として上申文書などに添えられた副進文書をも含む。注文が文書様式として発展した時代は中世で,〈交名(きようみよう)注文(人名リスト)〉〈合戦手負注文(負傷者リスト)〉〈支度注文(あつらえものの注文書)〉などの個別的名称も生まれた。…

※「注文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

注文の関連情報