コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叙品 じょひん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

叙品
じょひん

叙階」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の叙品の言及

【叙階】より

…カトリック教会において,聖職を行うための権能を授け,これをふさわしく果たすための恩寵を与える秘跡のこと。かつては品級と呼び,この品級に叙せられることを叙品,授品式ordinatioと称し,司教に叙せられるときに限って叙階式consecratioといっていたが,1972年8月15日に出された教皇パウルス6世の自発教令〈ミニステリア・クアエダムMinisteria quaedam〉(助祭職以下の教会奉仕職に関する規定)ですっかり姿が変わってしまった。すなわち,かつては聖職として,下級4段(下級品級)には守門,読師,祓魔(ふつま)師,侍祭があり,上級3段には副助祭,助祭,司祭があるとされ,それらに入るにはまず剃髪を受けていなければならないといわれていたし,司教職は司祭職の完成であるといわれていた。…

※「叙品」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone