叙階(読み)じょかい(英語表記)ordinatio; ordination

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

叙階
じょかい
ordinatio; ordination

叙品ともいい聖職者にその品級を授けることをいうカトリック用語で,その式が叙階式である。品級には司祭助祭副助祭 (上級三段) ,侍祭,祓魔師,読師,守門 (下級四段) の各段階がある。これらの品級を受けることを受階といい,叙階するのは司教である。叙階中最も重要なのは司祭 (このうちには完全な権能を有する司祭としての司教が含まれる) の叙階である。叙階によって司祭 (特に司教) が受ける権能は,十二使徒にキリストが与えた権能を受継ぐものとされ,それは按手によって継受されると伝統的に理解されている。叙階式には,このほか定まった祈りが必要とされる。 ordinatioというラテン語は ordoすなわち品級を与える意であるが,ギリシア語の Cheirotonia (按手) の訳語として用いられるようになった。プロテスタントの教会は叙階にあたるものを按手礼と呼ぶが,カトリック教会と異なりこれを秘跡とはみなさず,聖職の職務,権能についても異なった理解に立つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

叙階【じょかい】

カトリック教会で聖職(司教,司祭,助祭)に就く者に権能を授け,恩寵を与える秘跡をいい,その儀式が叙階式ordinatio。ラテン語でordo。かつては品級,叙品,授品式(司教に挙げられる場合は叙階式consecratio)などの語が用いられたが,1972年以降は廃された。
→関連項目按手礼

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょかい【叙階 ordo[ラテン]】

カトリック教会において,聖職を行うための権能を授け,これをふさわしく果たすための恩寵を与える秘跡のこと。かつては品級と呼び,この品級に叙せられることを叙品,授品式ordinatioと称し,司教に叙せられるときに限って叙階式consecratioといっていたが,1972年8月15日に出された教皇パウルス6世の自発教令〈ミニステリア・クアエダムMinisteria quaedam〉(助祭職以下の教会奉仕職に関する規定)ですっかり姿が変わってしまった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じょかい【叙階】

カトリック教会で、聖職位に就けられること。また、就くこと。按手あんしゆを受けて司教・司祭・助祭になること。叙品じよひん。 → 叙任

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の叙階の言及

【サクラメント】より

… 教会が公会議で個々の秘跡の七つの数を信仰宣言の中に初めて取り上げたのは,東方正教会との合同の問題を扱った第2リヨン公会議(1274)においてである。それはラテン語でbaptisma(洗礼),confirmatio(堅信),paenitentia(回心),Eucharistia(聖餐),ordo(叙階),matrimonium(婚姻),extrema unctio(終油)と呼ばれた。その後,回心と聖餐の順序が入れ替えられ,アルメニアの教会との合同にあたってもこれが要求されている(1439)。…

【修道会】より

…キリスト教世界において,合法的な教会の権威によって認可され,会員が共通の会憲(インスティトゥトゥムinstitutum)のもとで修道生活を営む組織をいう。その場合,キリスト教の四大修道会則(レグラ=戒律)といわれる〈バシリウス会則〉〈ベネディクトゥス会則〉〈アウグスティヌス会則〉〈フランシスコ会則〉のいずれかに準拠するものを盛式誓願修道会(オルドordo),会憲のみによるものを単式誓願修道会(コングレガティオcongregatio),両者を併せてレリギオreligioという。またソキエタスsocietas,インスティトゥティオinstitutioの語が当てられることもある。…

【サクラメント】より

…こうして秘跡の効果は,教会の奉仕者である秘跡執行者の倫理的状況いかんによるよりは,キリストによって成されたわざとしての秘跡自体の事効的効力opus operatumが重きをなすことになるのは当然である。ただ,秘跡執行者には教会の意図することを行う意向が必要であり,受領者には教会の秘跡を受けようとする意志が必要で,これに妨げを置かないことnon ponere obicemが前提とされること,また,洗礼,堅信,叙階の三秘跡は,受ける人の霊に消えることのない印章characterをしるすから生涯一度しか受けることができないことなどが,やがて神学者の間に共通に認められるところとなった。 教会が公会議で個々の秘跡の七つの数を信仰宣言の中に初めて取り上げたのは,東方正教会との合同の問題を扱った第2リヨン公会議(1274)においてである。…

※「叙階」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

叙階の関連情報