叡山菫(読み)エイザンスミレ

デジタル大辞泉の解説

えいざん‐すみれ【×叡山×菫】

スミレ科の多年草。山地の樹下に生え、高さ約10センチ。葉は細く裂けている。春、淡紫白色または淡紅色の香りのある花を開く。本州・四国・九州に分布。えぞすみれ。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えいざんすみれ【叡山菫】

スミレ科の多年草。山地の木陰に生え、高さ約7センチメートル。葉は深く五裂し長い柄がある。春、淡紫白色、芳香のある大きな花をつける。エゾスミレ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

叡山菫 (エイザンスミレ)

学名:Viola eizanensis
植物。スミレ科の無茎性多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えいざん‐すみれ【叡山菫】

〘名〙 スミレ科の多年草。本州、四国、九州の山地に生える。根茎は太く短い。葉は三裂し、側片が深く二裂するので五裂のように見え、各裂片はさらに羽裂する。花後に出る夏葉は大きい。春、淡紫白色から淡紅色のやや大形の花をつける。比叡山に咲くスミレの意で、なまってエゾスミレともいう。おおすみれ。かくれがさ。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android