口を濡らす(読み)クチヲヌラス

大辞林 第三版の解説

くちをぬらす【口を濡らす】

口を糊のりする」に同じ。 「尋中の教師に-・しても志は風教の木鐸ぼくたくを以て任じ/社会百面相 魯庵
少し飲食する。 「そんなら祝うて口濡らしていなしや/浄瑠璃・長町女腹切

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くち【口】 を 濡(ぬ)らす

の中をうるおす。少しばかり飲み食いする。
※再昌草‐大永七年(1527)三月一四日「芳飯に口をぬらさばまひらばや身をば湯づけによしなさずとも」
② やっと暮らしをたてる。ほそぼそと生活する。口を糊(のり)す。
※談義本・当世穴穿(1769‐71)一「主人が商売にして口をぬらさるるから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android