コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口強 クチゴワ

デジタル大辞泉の解説

くち‐ごわ〔‐ごは〕【口強】

[名・形動ナリ]
強く言い張ること。また、言葉つきの荒々しいさま。
「物も覚えぬ山伏かな、判官かと思せば、―に返事し給ふ」〈義経記・七〉
馬の口取りのむずかしいこと。馬の性質が荒く御しにくいこと。また、そのさま。
「坂東黒とて―なる馬に乗りて」〈浮・風流軍配団〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くちごわ【口強】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔近世語〕
強く主張すること。強弁すること。また、そのさま。 「此間、-に御ざるに依て、いつぞは打擲致う/狂言・髭櫓 虎寛本
馬などの性質が荒く、御し難いさま。 「坂東黒というて-なる馬に乗りて/浮世草子・風流軍配団」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

口強の関連キーワードベスナリノン浮世草子髭櫓

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

口強の関連情報