コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口籾 クチモミ

デジタル大辞泉の解説

くち‐もみ【口×籾】

中世、年貢米減損を補うため、あらかじめ多少の米やもみを、本租のほかに付け加えて納めさせたもの。また、その米やもみ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くちもみ【口籾】

中世、年貢米のほかに加徴された付加米。収穫の減損の補塡などにあてられた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の口籾の言及

【口米】より

…主君の領地を管理する代官が,本年貢のほかに耕地面積または年貢高に応じて一定の割合で徴収する米穀。鎌倉末期には田地面積に応じて賦課する口籾(くちもみ)がみられたが,豊臣秀吉は1586年(天正14)直轄地にたいし年貢高1石につき2升の口米を課した。江戸幕府では,直轄地のうち関東で年貢米1俵(3斗5升入り)につき1升,永納(えいのう)の場合は永100文につき3文(これを口永(くちえい)という),西国では1石につき3升と定めたが,なお地方によって多少の異同もみられる。…

※「口籾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

口籾の関連キーワード口米・口永中世口米

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android