コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口舌る/口説る クゼル

デジタル大辞泉の解説

くぜ・る【口舌る/口説る】

[動ラ四]《「くぜつ(口舌)」の動詞化。「ぐぜる」とも》
いろいろ述べたてる。
「手前が言っちゃあきまりが付かない。女郎衆に―・らせろ」〈洒・多佳余宇辞〉
言い争う。痴話げんかをする。
「(客が)帰ると起きて―・り出し」〈洒・通仁枕言葉〉
鳥が盛んにさえずる。
「子飼ひから―・る宿屋の燕かな/玉丈」〈北国曲〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android