コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口語文 コウゴブン

デジタル大辞泉の解説

こうご‐ぶん【口語文】

ある時代の話し言葉をもとにして書かれた文。
現代の話し言葉をもとにして書かれた文。特に明治中期の言文一致運動によって確立した、口語体の文章。⇔文語文

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうごぶん【口語文】

口語体で書かれた文。 ↔ 文語文

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の口語文の言及

【口語】より

…ところで書きことばは本来は話しことばにもとづくはずのものであるが,日本では書きことばは独特の発達をして,話しことばをよく反映するものと,はなはだしくそれから離れたものとを生じた。この前者を〈口語〉,後者を〈文語〉ということがあり,それによって書かれた文章をそれぞれ〈口語文〉と〈文語文〉,その文体を〈口語体〉と〈文語体〉という。この場合,口語とは,話しことばをよく反映した書きことばを意味する。…

※「口語文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

口語文の関連キーワードチャールズ・カーペンター フリーズ止む無い・已む無い新青年(中国)ポリワーノフ現代仮名遣いチェンバレン雅俗折衷文白話文運動古今集遠鏡松下大三郎日本大文典エドキンズ湘江評論元朝秘史話し言葉である体狩野直喜アストンであろう鳩翁道話

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android