口語体(読み)こうごたい

デジタル大辞泉の解説

こうご‐たい【口語体】

ある時代の、話し言葉の形式。話し言葉体。
現代の、話し言葉に基づく文章の形式。口語文の文体。常体(「だ体」「である体」など)と敬体(「です・ます体」「でございます体」「であります体」など)とがある。⇔文語体

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

口語体【こうごたい】

現代の話し言葉,特に共通語に基づく文章の様式。明治以来言文一致運動により,口語との懸隔の大きい文語体に代わるものとして,口語体が発達した。とくに小説家によって普及,洗練されたが,1904年国定教科書では過半の文章が口語体となり,新聞は1921年ごろ,公用文は1946年にすべて口語体を採用することになった。文尾の表現によって,〈だ調〉〈である調〉〈です・ます調〉などに類別される。
→関連項目口語文語体

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうごたい【口語体】

主として文字に書き記す文章のうえで,話しことばの語彙(ごい)文法をよく反映している文章の体をいい,話しことばにはふつう用いられない語彙文法を主とする文章の体(文語体)に対する。明治初年には,書きことばとして雅文体,漢文書下し体,候文(そうろうぶん)体など,諸種のものがあり,それらは話しことばとは大いにかけ離れたものであったが,その中から普通文という標準文語文体の文章が形を成す一方で,言文一致運動に伴って,従来俗文として卑しめられた話しことば風の書きことばが言文一致体にとりあげられ,さらに普通文の文語体に対する口語体としての地位を占めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうごたい【口語体】

話し言葉を基にして、それにできるだけ近い形で書かれた文体。明治中期の言文一致運動によって確立し、現代で最も普通に用いられる。文末の語によって「だ体」「である体」「です・ます体」などと区別される。 ⇔ 文語体

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうご‐たい【口語体】

〘名〙 口語①を主調とする文体。文語体に対して、話しことばを基にした、現代普通の文章の形式。助動詞の違いに応じて、常体(だ体、である体など)、敬体(です・ます体、でございます体、であります体など)に分けられる。口語。
※言語学雑誌‐明治三三年(1900)三月一五日「雑報欄には、一切口語体を用ゐるやうにした」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の口語体の言及

【口語】より

…ところで書きことばは本来は話しことばにもとづくはずのものであるが,日本では書きことばは独特の発達をして,話しことばをよく反映するものと,はなはだしくそれから離れたものとを生じた。この前者を〈口語〉,後者を〈文語〉ということがあり,それによって書かれた文章をそれぞれ〈口語文〉と〈文語文〉,その文体を〈口語体〉と〈文語体〉という。この場合,口語とは,話しことばをよく反映した書きことばを意味する。…

※「口語体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

口語体の関連情報