コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古す/旧す フルス

デジタル大辞泉の解説

ふる・す【古す/旧す】

[動サ五(四)]
使って古くする。現代では動詞の連用形に付いて、何回も…して新しさをなくす意を表す。「着―・す」「言い―・す」
「語らはむ人なき里にほととぎすかひなかるべき声な―・しそ」〈かげろふ・上〉
あきて捨てる。使い古して、見捨てる。
「人―・す里をいとひて来しかども奈良の都も憂き名なりけり」〈古今・雑下〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

古す/旧すの関連キーワード竹内街道(たけのうちかいどう)大阪府南河内郡太子町丸子部(まるこべ)霊山寺(奈良市)百済寺(滋賀県)大臣(おおおみ)三社祭(東京都)冠(こうぶり)膳菩岐岐美郎女山田高塚古墳先代旧事本紀船氏王後墓誌額田部比羅夫境部摩理勢天皇海山列町(単位)犬上御田鍬椋部秦久麻敏達天皇浅草神社

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android