古の学者は己の為にす(読み)いにしえのがくしゃはおのれのためにす

故事成語を知る辞典の解説

学問とは、本来、自分を磨くためにするものであるということ。

[由来] 「論語―憲問」に出て来る、孔子のことばから。「学者の為にし、今の学者は人の為にす(昔は、学問をする人は自分の修養のためにしたものだが、今では、他人に認めてもらいたくて学問をしている)」と述べています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android