コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古世古和子 こせこ かずこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古世古和子 こせこ-かずこ

1929- 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
昭和4年11月20日生まれ。小学校教諭をへて執筆生活にはいり,昭和44年「わらった白いミミズク」で注目される。ほかに反戦平和をねがう「竜宮へいったトミばあやん」,家族の問題を追究した「あしたの天気図」など。三重県出身。東京学芸大教員養成課程修了。本名は(くぬぎ)和子著作に「おじぞうさん子どもたちの願いをきいて」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

古世古和子の関連キーワード昭和

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android