コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古世古和子 こせこ かずこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古世古和子 こせこ-かずこ

1929- 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
昭和4年11月20日生まれ。小学校教諭をへて執筆生活にはいり,昭和44年「わらった白いミミズク」で注目される。ほかに反戦平和をねがう「竜宮へいったトミばあやん」,家族の問題を追究した「あしたの天気図」など。三重県出身。東京学芸大教員養成課程修了。本名は(くぬぎ)和子著作に「おじぞうさん子どもたちの願いをきいて」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古世古和子の関連キーワード昭和

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android