コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今独歩 ココンドッポ

デジタル大辞泉の解説

ここん‐どっぽ〔‐ドクポ〕【古今独歩】

昔から今に至るまで、匹敵するもののないこと。
「―の弓馬の達人」〈浄・川中島

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ここんどっぽ【古今独歩】

古今を通じて比べるもののないほどすぐれていること。古今無双。 「 -の弓馬の達人/浄瑠璃・信州川中島」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

古今独歩の関連キーワード物部広泉(もののべこうせん)松本幸四郎(5代)黒船忠右衛門古今無双大坪流陶潜姜夔弓馬韓幹

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古今独歩の関連情報