コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信州川中島合戦 シンシュウカワナカジマカッセン

デジタル大辞泉の解説

しんしゅうかわなかじまかっせん〔シンシウかはなかじまカツセン〕【信州川中島合戦】

浄瑠璃。時代物。五段。近松門左衛門作。享保6年(1721)大坂竹本座初演。「甲陽軍鑑」を脚色したもの。三段目口(くち)の「輝虎配膳(てるとらはいぜん)」が有名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しんしゅうかわなかじまかっせん【信州川中島合戦】

人形浄瑠璃近松門左衛門の最晩年期を代表する作品の一つ。1721年(享保6)8月大坂竹本座初演。時代物。5段。戦国時代末期(16世紀半ば),甲斐の武田信玄と越後の上杉謙信とによる戦いの史実を背景に,山本勘助などの伝説を加えた作。信玄の子勝頼と長尾輝虎(謙信)の娘衛門姫との恋は,信州の領主村上義清の横恋慕のため親たちに知られ,両家不和の原因となった。これを収めようと努めるのが勘介(勘助)である。輝虎は,川中島の合戦で信玄を襲うが,その信玄は実は勘介だった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しんしゅうかわなかじまかっせん【信州川中島合戦】

浄瑠璃。時代物。近松門左衛門作。1721年初演。「甲陽軍鑑」などにより脚色。長尾・武田両家の戦いに、勝頼・衛門姫の恋、山本勘介母子の義心などを仕組む。三段目口の「輝虎配膳」は有名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

信州川中島合戦
しんしゅうかわなかじまかっせん

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。時代物。5段。近松門左衛門作。1721年(享保6)8月、大坂・竹本座初演。武田信玄・長尾輝虎(てるとら)(上杉謙信)の戦いを描いた『甲陽軍鑑』に取材した作で、信玄の子勝頼(かつより)と輝虎の娘衛門(えもん)姫の恋が原因で両家の不和を招くが、武田の軍師山本勘助の尽力で収まるという筋(すじ)。四段目の天目山(てんもくざん)の場で初めて張(はり)抜きの本山(ほんやま)を飾り、大道具の発展に貢献した作だが、内容的には三段目口(くち)の「輝虎配膳(はいぜん)」が有名で、歌舞伎(かぶき)でも多く上演される。山本勘助を味方につけようとする輝虎が勘助の母(歌舞伎では役名越路(こしじ))を館(やかた)へよび、自ら膳部を運んでもてなすが、気丈な老母は膳を蹴返(けかえ)して拒絶する。怒った輝虎は母を斬(き)ろうとするが、勘助の妻お勝の嘆願によって収まる。烏帽子(えぼし)装束の輝虎が膳を運ぶ奇抜さや、「三婆(さんばば)」の一つともいわれる越路の毅然(きぜん)とした演技、どもりのために琴を弾き歌いしながらわびるお勝の哀れさなどが眼目。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の信州川中島合戦の言及

【甲陽軍記物】より

…《川中島軍記》として講談に仕組まれ,江戸庶民に親しまれた。人形浄瑠璃としては,1721年(享保6)8月大坂竹本座上演の近松門左衛門作《信州川中島合戦》が初期の代表作。これに先立つ紀海音作の《甲陽軍鑑今様姿》は,1715年(正徳5)秋以前初演と推定される。…

※「信州川中島合戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

信州川中島合戦の関連キーワード近松門左衛門(年譜)中村歌六(初代)人形浄瑠璃本朝廿四孝甲陽軍記物三婆義心

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信州川中島合戦の関連情報