達人(読み)タツジン

デジタル大辞泉の解説

たつ‐じん【達人】

技芸・学問の奥義に達している人。達者。「剣道の達人
深く物事の道理に通じた人。「人生の達人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たつじん【達人】

豊富な経験と長年の鍛練により、その道の真髄を体得した人。 「 -の境地に入る」 「剣道の-」
[句項目] 達人は大観す

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たつ‐じん【達人】

〘名〙 広く道理に通達した人。学問・技芸に熟達した人。達者。
※万葉(8C後)五・八六四右詞文「但達人安排、君子無悶」
※徒然草(1331頃)一九四「達人の人を見る眼は、少しもあやまる所あるべからず」 〔春秋左伝‐昭公七年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

達人の関連情報