コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独歩 ドクホ

デジタル大辞泉の解説

どく‐ほ【独歩】

[名](スル)どっぽ(独歩)」に同じ。

どっ‐ぽ〔ドクポ〕【独歩】

[名](スル)《「どくほ」とも》
ひとりで歩くこと。ひとりあるき。
「暗夜に―し走って何処の所に行んとするや」〈織田訳・花柳春話
自力で事をなすこと。「独立独歩
他に並ぶものがないほどすぐれていること。
「若し血を灑ぐに至らずして功を奏せば実に世界の歴史中に―すと云べし」〈新聞雑誌一四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どくほ【独歩】

どっぽ(独歩)」に同じ。 「兎に角彼は-の姿であつた/思出の記 蘆花

どっぽ【独歩】

( 名 ) スル
一人だけで歩くこと。単独で行くこと。どくほ。 「緑の山野を-する」
他の力を借りずに一人だけで事を行うこと。独立して事を行うこと。どくほ。 「独立-」
他に比べる物のないほどにすぐれていること。卓越していること。どくほ。 「古今-の名作」

どっぽ【独歩】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

独歩の関連キーワード山口県柳井市姫田東京都武蔵野市境降りみ降らずみ牛肉と馬鈴薯アンビション国木田 治子国木田まん鷹見 思水無我無心独立独歩独立独行言言句句青ずむ田の面真直ぐ両眼鏡独歩忌独歩高堅艦船房

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

独歩の関連情報