コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古代プロイセン語 こだいプロイセンご Old Prussian

1件 の用語解説(古代プロイセン語の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こだいプロイセンご【古代プロイセン語 Old Prussian】

古代プロシア語ともいい,また単にプロイセン語(プロシア語)ともいわれる。バルト語派に属する一言語。この語派の東のグループを形成するリトアニア語ラトビア語が現存しているのに,西のグループを形成していたいくつかの言語は18世紀に滅んだこのプロイセン語を最後に完全に消滅したので古代プロイセン語といわれる。この言語が話されていたのは東部プロイセンで,13世紀にドイツ騎士団がこの地を征服して以来ゲルマン化が進み,後にプロイセンはドイツの地と考えられるようになるが,元来はプロイセン語を話すプロイセン人を含む西バルト人の地である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

古代プロイセン語の関連キーワードバルト語派プロイセンロシア語コロシアム普魯西露和プロシュットプロシア王四重奏曲プロシア王セット

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone