古典電子半径(読み)こてんでんしはんけい(英語表記)classical electron radius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「古典電子半径」の解説

古典電子半径
こてんでんしはんけい
classical electron radius

電子表面に一様に電荷分布した帯電球と仮定し,その静止エネルギー静電エネルギーに等しいと考えたときの電子球の半径r0 で表わす。
me は電子の質量,e電気素量 (電子の電荷) ,c真空中の光速度,μ0 は真空の透磁率である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android