コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古史 コシ

大辞林 第三版の解説

こし【古史】

古代の歴史。古代史。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の古史の言及

【正史】より

…現在24もしくは25あり二十四史,二十五史とも呼ばれる。正史の呼称は《隋書》経籍志に始まり,《史記》以前の編年体の史書を古史というのに対して使われた。10世紀以後,政府によって公認された特定の史書に正史の名が冠せられ,司馬遷の《史記》にはじまり欧陽修の《五代史記》に至る歴代17種の紀伝体歴史書を十七史とした。…

※「古史」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古史の関連キーワードトムセン(Christian Jürgensen Thomsen)モヌメンタ・ゲルマニアエ・ヒストリカモヌメンタ・ゲルマニアエ・ヒストリカ邪馬台国と九州慶世村 恒仁ディオドロス田中萃一郎北原稲雄佐野経彦矢野仁一箭内 亘星 武雄宮内嘉長殷周美術渡辺重春岩崎長世平田篤胤読史余論新井白石飯田武郷

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android