(読み)イニシエ

  • ▽古
  • いにしえ〔へ〕
  • ふる
  • ふるく
  • ふるし
  • ふるし・い
  • ふるび
  • ふる・く
  • ふる・ける
  • ふる・し
  • 古/▽故/▽旧
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

《「往(い)にし方(へ)」の
過ぎ去った古い時代。過ぎ去った月日。昔。過去。「の都の姿をとどめる」
亡くなった人。故人。
「―の御許しもなかりし事を」〈・宿木〉
[音](漢) [訓]ふるい ふるす いにしえ
学習漢字]2年
〈コ〉
ふるい。ふるびている。「古書古色古木最古新古
いにしえ。むかし。「古人古代古典古風古来往古懐古尚古太古復古
〈ふる(ぶる)〉「古株古巣中古
[名のり]たか・ひさ・ふる
[難読]反古(ほご)
使い古したこと。また、そのもの。「父のお―のシャツ」→御古(おふる)
名詞の上に付いて複合語をつくる。
㋐古いこと、また、使い古したことを表す。「―だぬき」「―新聞」「―靴」
㋑以前のものの意を表す。「―

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

地質学では古いことを意味している接頭語.最も普通の例では古生代(Palaeozoic)で生命の古い形を意味している.同様に変質した岩石または鉱物記述にも使用され,palaeopicrite, palaeoamphiboleなどの例がある.地質学的な過去の特定の状態にも用いられ,古磁気(palaeomagnetism),古気候(palaeoclimatology)などの例がある.ギリシャ語のpalaiosは古いという意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘副〙 (形容詞「ふるい」の連用形から) 昔に。ずっと前に。また、昔から。以前から。
※源氏(1001‐14頃)浮舟「右近が、ふるく知れりける人の、殿の御供にてたづね出でたる」
[2] 〘名〙 ずっと前。昔。
※正法眼蔵(1231‐53)袈裟功徳「袈裟はふるくより解脱服と称す」
〘自カ下一〙 ふる・く 〘自カ下二〙 古くなる。また、長く使ったりしてきたなくなる。古ぼける。〔日葡辞書(1603‐04)〕
〘形口〙 ふるし 〘形シク〙 =ふるい(古)
※中華若木詩抄(1520頃)上「詩は意を新しく、語をふるしく云ことがよき也」
〘名〙 (動詞「ふるびる(古━)」の連用形の名詞化) 古びていること。また、古くさいと感じられるような、物のさま。
※俳諧・去来抄(1702‐04)先師評「玉まつり、尤の意味ながら、此分にては古びに落可申候」
※滑稽本・古朽木(1780)四「紙の古びから、二百年から上のものと見える」
〘自カ下二〙 ⇒ふるける(古)
〘形ク〙 ⇒ふるい(古)
〘形シク〙 ⇒ふるしい(古)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古の関連情報