コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イニシエ

デジタル大辞泉の解説

いにし‐え〔‐へ〕【古】

《「(い)にし方(へ)」の
過ぎ去った古い時代。過ぎ去った月日。昔。過去。「の都の姿をとどめる」
亡くなった人。故人。
「―の御許しもなかりし事を」〈宿木

こ【古】[漢字項目]

[音](漢) [訓]ふるい ふるす いにしえ
学習漢字]2年
〈コ〉
ふるい。ふるびている。「古書古色古木最古新古
いにしえ。むかし。「古人古代古典古風古来往古懐古尚古太古復古
〈ふる(ぶる)〉「古株古巣中古
[名のり]たか・ひさ・ふる
[難読]反古(ほご)

ふる【古/故/旧】

使い古したこと。また、そのもの。「父のお―のシャツ」→御古(おふる)
名詞の上に付いて複合語をつくる。
㋐古いこと、また、使い古したことを表す。「―だぬき」「―新聞」「―靴」
㋑以前のものの意を表す。「―

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

地質学では古いことを意味している接頭語.最も普通の例では古生代(Palaeozoic)で生命の古い形を意味している.同様に変質した岩石または鉱物の記述にも使用され,palaeopicrite, palaeoamphiboleなどの例がある.地質学的な過去の特定の状態にも用いられ,古磁気(palaeomagnetism),古気候(palaeoclimatology)などの例がある.ギリシャ語のpalaiosは古いという意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

いにしえ【古】

〔「往にし方(過ぎ去った方)」の意〕
過ぎ去った日々。昔。過去。 「 -をしのぶ」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

古の関連キーワードアンティークショップアンティークドールアーケオキアタス古抄本・古鈔本モンゴリズム旧アジア諸語面堂安久楽内眼角贅皮極北諸語蘐園学派村上成則菱川師重いにしえ萩原時夫古林桂庵高久隆古徂徠学派塵紙交換パレオ─古活字本

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古の関連情報