コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古屋貞雄 ふるや さだお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古屋貞雄 ふるや-さだお

1889-1976 大正-昭和時代の農民運動家,弁護士,政治家。
明治22年12月20日生まれ。大正9年郷里の山梨県で小作人組合を組織し,日本農民組合役員をつとめる。自由法曹団にくわわり,各地の労農運動を支援した。昭和27年衆議院議員(当選3回,社会党)。昭和51年1月4日死去。86歳。明大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古屋貞雄の関連キーワード昭和時代政治家弁護士

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android