日本農民組合(読み)にほんのうみんくみあい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本農民組合
にほんのうみんくみあい

1922年に賀川豊彦杉山元治郎らが創立した,日本最初の全国的農民組合。略称,日農。各地の小作争議を組織し,指導した。しかし左右両派の対立があって,第2次世界大戦前は分裂,統一を繰り返した。戦後は 1946年に全国単一の農民組織として再結成されたが,1947年に分裂,1958年には大同団結して全日本農民組合連合会 (全日農) となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にほん‐のうみんくみあい〔‐ノウミンくみあひ〕【日本農民組合】

大正11年(1922)に創立された最初の農民組合の統一組織。昭和3年(1928)先に分裂した全日本農民組合(全日農)と再合同して全国農民組合を結成。
昭和6年(1931)に創立した農民運動右派の全国組織。全日本農民組合日本農民組合総同盟が合同して成立。翌年分裂。
第二次大戦後の農民運動の中心的組織。昭和21年(1946)発足。農地改革後各派に分裂したが、同33年合同して全日本農民組合連合会(全日農)を結成。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

日本農民組合【にほんのうみんくみあい】

略称は日農。(1)1922年結成された日本最初の農民組合の全国統一組織。木崎村小作争議などを指導し,無産政党の結成を提唱。一時は組合員も約8万人に達したが,内部の思想的対立から1926年全日本農民組合同盟,1927年全日本農民組合(全日農)が分裂するなど動揺が激しかった。1928年日農と全日農とが合同して全国農民組合を結成。(2)1931年日本農民組合総同盟と全日本農民組合が合同して結成。右派的性格で,1941年解散。(3)1946年結成。小作料の引下げと金納化,供出制度の改革などを目標とし,一時は組合員も120万人以上に達した。しかし内部の社会党・共産党両派の対立から1947年全国農民組合(全農)が分裂,1949年には統一派と主体性派に再分裂,組織としての指導力は弱化。1957年統一派と主体性派とが合同して日本農民組合全国連合会(日農全連)を結成,1958年これと全農などが合同して全日本農民組合連合会となった。
→関連項目日本農民党日本労農党農民組合農民労働党

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

にほんのうみんくみあい【日本農民組合】

1922年(大正11)創立の日本最初の全国的農民組合。小作争議に指導的役割を果たしたが、弾圧と運動方針の不一致により分裂。
1946年(昭和21)創立の全国的農民組合。分裂を繰り返したのち、58年に全日本農民組合連合会を組織した。日農。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本農民組合
にほんのうみんくみあい

日農と略称する。
(1)米騒動をきっかけに発展した小作争議を背景に、1922年(大正11)4月、賀川豊彦(とよひこ)、杉山元治郎(もとじろう)、山上武雄(たけお)らを中心に結成された。小作料軽減、小作人組合への結集などを方針とし、岡山県藤田村や新潟県木崎村などの争議を指導したのをはじめとして、全国的に小作争議の運動を展開した。最盛時には約8万の組合員を擁した。25年には無産政党組織準備機関の設置を提唱し、労働農民党設立の中心を担った。ところが、この党の運営をめぐって右派と左派との対立が激しくなり、この対立が日農にも波及し、26年3月の第5回大会において、平野力三(りきぞう)ら右派は脱退、同年4月全日本農民組合同盟を設立し、ここに日農は分裂した(第一次分裂)。さらに翌27年(昭和2)2月、左派による中間派の除名が行われ(第二次分裂)、中間派は全日本農民組合(全日農)を結成した。しかし、28年の三・一五事件で日農は思想的弾圧を受けたため、再統一の気運が高まり、同年5月に全日農と合同して全国農民組合(全農)を結成した。
(2)1931年1月、平野力三を中心とする全日本農民組合と社会民衆党系の日本農民組合総同盟との合同によって結成された。しかし、翌32年4月の社会民衆党の分裂により、旧日本農民組合総同盟系の一部が脱退した。平野派だけとなった日農は、日本国家社会党、同党の分裂後は皇道会の支持団体となり、41年まで存続した。
(3)1946年(昭和21)2月、「農地改革の根本改革」「新農業組織の確立と発達」「民主的農村生活と文化の建設」という綱領を掲げて結成された。最盛時には120万以上の組合員を擁するまでの組織的発展をみせた。しかしその内部は、戦前の共産党系と労農党系の対立が、共産党系と社会党系の対立として引き継がれ、年々激化し、49年4月の第3回大会で、日農統一派(黒田寿男(ひさお))と日農主体性派(野溝勝(のみぞすぐる))に分裂した。47年7月にすでに平野力三ら右派が脱退して全国農民組合(全農)を組織していたから、日農は三派に分裂したことになる。各派はさらに分裂を重ねて混迷を深めたが、56年の農地改革10周年記念大会をきっかけに戦線統一・合同の気運が高まった。まず57年9月、日農統一派と日農主体性派が合同して日本農民組合全国連合会(日農全連)を創立し、さらに翌58年3月には日農全連と全農、日農新農村建設派らが合同して全日本農民組合連合会を結成、ここに再統一がなった。しかし、60年1月に社会党から民主社会党が独立すると、旧全農系の人々は脱退して全国農民同盟を結成、わずか2年たらずでふたたび分裂した。[似田貝香門]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

にほん‐のうみんくみあい ‥ノウミンくみあひ【日本農民組合】

全国農民の統一組織。
[一] 大正一一年(一九二二)創立。賀川豊彦らが中心となり小作人の地位向上を目標に活動。昭和三年(一九二八)全国農民組合に編成がえ。
[二] 昭和六年(一九三一)設立。平野力三らを中心に全日本農民組合と日本農民組合総同盟が合同結成。同一六年解散。
[三] 昭和二一年(一九四六)設立。同二四年分裂、同三三年に全日本農民組合連合会(全日農)として統一戦線を結成したが、同三五年には民主社会党系の全国農民同盟が分離した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の日本農民組合の言及

【日農】より

…日本農民組合の略称。大正期以後,3次にわたって日本農民組合と称する全国的農民組織が結成され,いずれも日農と略称する。…

【農民運動】より

…その場合,農民運動とは,小作農が農民組合を結成し,小作料減免,耕作権確立など小作条件の改善と小作農の地位改善をめざした闘争ということができる。主として地主を相手として闘われ,その組織と運動は明治末期から散発的にみられたが,本格的には第1次大戦後の1922年,初めて全国的な農民組織である日本農民組合(日農)が創立されて以降展開した。
[戦前]
 第1次大戦による日本資本主義の急激な膨張を背景に,地主・小作間の矛盾は各地で顕現し,小作争議件数は,1918年250件,20年408件と年々増勢した。…

【農民組合】より

…また,ロシア革命や米騒動,労働運動,普選制定要求運動等の高揚がデモクラシー思想を農村へ浸透させたことは,農民の思想的覚醒を促すうえで大きな役割をはたした。1922年に,初めての全国的農民組織である日本農民組合(日農,組合長杉山元治郎)が創立され,西日本を中心に急速に勢力を拡大した背景には,第1次大戦後のこのような農民の状況変化があった。小作農民は,日農の指導のもとで農民組合を結成し,小作料減額,耕作権確立などの要求を掲げて,地主側からしばしば譲歩をかちとった。…

※「日本農民組合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android