コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古市春彦 ふるいち はるひこ

1件 の用語解説(古市春彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古市春彦 ふるいち-はるひこ

1891-1943 大正-昭和時代前期の社会運動家。
明治24年3月15日生まれ。京都帝大在学中から友愛会京都支部で活動。西南学院でおしえたのち,全国大衆党,社会大衆党などにくわわる。のち満州(中国東北部)にわたり,満州国協和会の総務部長などをつとめた。昭和18年1月9日死去。53歳。鹿児島県出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古市春彦の関連キーワードアドバルーン新派劇育英制度ゴンチャロフ畠山勇子ブラキストンマキシモヴィッチ自破砕角礫岩町・丁田山花袋

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone