コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古市春彦 ふるいち はるひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古市春彦 ふるいち-はるひこ

1891-1943 大正-昭和時代前期の社会運動家。
明治24年3月15日生まれ。京都帝大在学中から友愛会京都支部で活動。西南学院でおしえたのち,全国大衆党,社会大衆党などにくわわる。のち満州(中国東北部)にわたり,満州国協和会の総務部長などをつとめた。昭和18年1月9日死去。53歳。鹿児島県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古市春彦の関連キーワード大正

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android