コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古都保存協力税 ことほぞんきょうりょくぜい

1件 の用語解説(古都保存協力税の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古都保存協力税
ことほぞんきょうりょくぜい

古都の保存に関し一定の負担を課す税制度。古都保存法 (1966年) により,京都市,奈良市,鎌倉市などは歴史的風土保存区域に指定され,その保存計画が決定されている。その計画に基づき歴史的風土の保存上,枢要な部分を構成している地区は,都市計画で歴史的風土特別保存地区にし,建築行為などを制限している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古都保存協力税の関連キーワード傾斜家賃制度古都保存法税制応能負担原則節税代助郷国直轄事業負担金制度北太平洋のおっとせいの保存に関する暫定条約古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法重要美術品等の保存に関する法律

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone