コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古都保存法 ことほぞんほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古都保存法
ことほぞんほう

昭和 41年法律1号で,正式名称は「古都における歴史的風土保存に関する特別措置法」。古都とは,日本往時の政治,文化の中心として歴史的に重要な地位を有する京都市奈良市鎌倉市および政令で定める市町村をいい,これらにおいては歴史的風土を保存するため必要な土地の区域を歴史的風土保存区域として指定することができる。この区域内では,都市計画に歴史的風土保存地区を定めることができ,建築その他の行為が制限されるなど歴史的風土の保存がはかられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ことほぞん‐ほう〔‐ハフ〕【古都保存法】

「古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法」の略称京都市・奈良市・鎌倉市その他政令で定める市町村が対象となる。昭和41年(1966)施行

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

古都保存法【ことほぞんほう】

正称は〈古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法〉(1966年)。京都・奈良・鎌倉の各市と政令で定めるその他の市町村における歴史的風土保存地区の指定,保存計画,国の費用負担・補助,地区内の特定行為の規制・罰則,土地の買入れ,歴史的風土審議会等につき定める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ことほぞんほう【古都保存法】

正称は〈古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法〉(1966公布)。後代の国民に継承されるべき古都における歴史的風土を保存するための法律。1965年の京都タワー建設計画,奈良公園の一角における奈良県庁舎建設計画,鎌倉市の八幡宮裏山を削る宅地造成計画,翌年には《徒然草》にゆかりの深い双ヶ岡(ならびがおか)(京都市)のホテル建設計画など,各地で歴史的環境の破壊が社会問題となったことが本法制定の背景となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ことほぞんほう【古都保存法】

古都における歴史的風土の保存に関する特別の措置を定めた法律。京都市・奈良市・鎌倉市と政令で定める市町村を対象とする。1966年(昭和41)制定。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古都保存法
ことほぞんほう

「古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法」(昭和41年法律第1号)の略称。2010年(平成22)現在、奈良市、京都市、鎌倉市、逗子(ずし)市、大津市、天理市、橿原(かしはら)市、桜井市、斑鳩(いかるが)町、明日香(あすか)村を古都として指定し、「わが国往時の政治、文化の中心等として歴史上重要な地位を有する」これらの都市の歴史的風土を保存するため、土地利用規制や施設整備を図ることを目的としている。土地利用規制の手法としては、歴史的風土保存区域と歴史的風土特別保存地区の指定がある。国土交通大臣は歴史的風土保存区域を指定し、歴史的風土保存計画を決定する。この区域内では建物の新改築などが届出制とされている。また、国土交通大臣は、この区域内の枢要部分について歴史的風土特別保存地区を定めることができ、この地区では建物の新改築などは原則として許可制とされ、許可を受けられない者には損失補償や土地の買入れがなされる。この法律の特別法として、1980年(昭和55)に制定された「明日香村における歴史的風土の保存及び生活環境の整備等に関する特別措置法」(明日香保存特別措置法)がある。[阿部泰隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

古都保存法の関連キーワード歴史的風土特別保存地区ナショナル・トラスト文化財トラスト運動古都保存協力税明日香村法太田博太郎奈良(市)大津(市)行政救済原実

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古都保存法の関連情報