コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古都保存法 ことほぞんほう

6件 の用語解説(古都保存法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古都保存法
ことほぞんほう

昭和 41年法律1号で,正式名称は「古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法」。古都とは,日本往時の政治,文化の中心として歴史的に重要な地位を有する京都市,奈良市,鎌倉市および政令で定める市町村をいい,これらにおいては歴史的風土を保存するため必要な土地の区域を歴史的風土保存区域として指定することができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ことほぞん‐ほう〔‐ハフ〕【古都保存法】

「古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法」の略称。京都市・奈良市・鎌倉市その他政令で定める市町村が対象となる。昭和41年(1966)施行。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

古都保存法【ことほぞんほう】

正称は〈古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法〉(1966年)。京都・奈良・鎌倉の各市と政令で定めるその他の市町村における歴史的風土保存地区の指定,保存計画,国の費用負担・補助,地区内の特定行為の規制・罰則,土地の買入れ,歴史的風土審議会等につき定める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ことほぞんほう【古都保存法】

正称は〈古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法〉(1966公布)。後代の国民に継承されるべき古都における歴史的風土を保存するための法律。1965年の京都タワー建設計画,奈良公園の一角における奈良県庁舎建設計画,鎌倉市の八幡宮の裏山を削る宅地造成計画,翌年には《徒然草》にゆかりの深い双ヶ岡(ならびがおか)(京都市)のホテル建設計画など,各地で歴史的環境の破壊が社会問題となったことが本法制定の背景となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ことほぞんほう【古都保存法】

古都における歴史的風土の保存に関する特別の措置を定めた法律。京都市・奈良市・鎌倉市と政令で定める市町村を対象とする。1966年(昭和41)制定。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古都保存法
ことほぞんほう

「古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法」(昭和41年法律第1号)の略称。2010年(平成22)現在、奈良市、京都市、鎌倉市、逗子(ずし)市、大津市、天理市、橿原(かしはら)市、桜井市、斑鳩(いかるが)町、明日香(あすか)村を古都として指定し、「わが国往時の政治、文化の中心等として歴史上重要な地位を有する」これらの都市の歴史的風土を保存するため、土地利用規制や施設整備を図ることを目的としている。土地利用規制の手法としては、歴史的風土保存区域と歴史的風土特別保存地区の指定がある。国土交通大臣は歴史的風土保存区域を指定し、歴史的風土保存計画を決定する。この区域内では建物の新改築などが届出制とされている。また、国土交通大臣は、この区域内の枢要部分について歴史的風土特別保存地区を定めることができ、この地区では建物の新改築などは原則として許可制とされ、許可を受けられない者には損失補償や土地の買入れがなされる。この法律の特別法として、1980年(昭和55)に制定された「明日香村における歴史的風土の保存及び生活環境の整備等に関する特別措置法」(明日香保存特別措置法)がある。[阿部泰隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古都保存法の関連キーワード史的歴史的風土保存区域明日香村法歴史的風土特別保存地区歴史的風土保存地区北太平洋のおっとせいの保存に関する暫定条約古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法重要美術品等の保存に関する法律《精神科学における歴史的世界の構成》歴史的風土保存計画

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古都保存法の関連情報