コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古野電気 ふるのでんき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古野電気
ふるのでんき

魚群探知機のパイオニアとして知られる船舶用電子機器メーカー。 1938年長崎県口之津町にて創業の船舶電気工事業,古野電気商会を前身とする。 48年世界初の魚群探知機の開発・実用化に成功,製造・販売のために古野電気工業所を設立。 51年登記上の設立。 52年漁業用無線機を開発。 55年古野電気を設立し,古野電気工業所の事業を継承。 58年電子計数方式のロラン受信機,59年船舶用レーダ,62年超小型レーダを相次いで開発・発売し,社業の基礎を固めた。 70年代以降もスキャニングソナー,衛星航法システム NNSS,海事衛星通信装置,気象衛星受画装置など独自技術によって開発した製品は海外でも高い評価を得ている。陸上用機器,医療機器の分野にも本格展開する。売上構成比は,航海計器 27%,漁労計器 12%,無線通信装置 19%,産業用電子機器 19%,部品など 18%,その他5%。年間売上高 670億 3400万円 (連結。うち輸出 50%) ,資本金 75億 3400万円,従業員数 1420名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

古野電気

正式社名「古野電気株式会社」。英文社名「FURUNO ELECTRIC CO., LTD.」。電気機器製造業。昭和30年(1955)設立。本社は兵庫県西宮市芦原町。船舶用・産業用電子機器製造会社。魚群探知機の草分けでシェアトップクラス。ほかに無線データ伝送システム・臨床検査用自動分析装置など。東京証券取引所第1部上場。証券コード6814。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古野電気の関連情報