叩台(読み)たたきだい

精選版 日本国語大辞典の解説

たたき‐だい【叩台】

〘名〙
① たたくための台。特に、叩き売り①をするときに用いる台。
※私の浅草(1976)〈沢村貞子〉タンカバイ「バナナを、台の上へ投げ出す〈略〉たたき台の棒は、パシリ、パシリと景気のいい音をたてつづける」
② さまざまな検討や批判を加えて、よりよい成案を得るために出される原案。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる