コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢村貞子 さわむら さだこ

1件 の用語解説(沢村貞子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢村貞子 さわむら-さだこ

1908-1996 昭和時代の女優。
明治41年11月11日生まれ。4代沢村国太郎の妹。加東大介の姉。左翼劇団で活動,2度逮捕される。昭和9年「野の光」で映画デビュー。戦後も名脇役として「赤線地帯」などおおくの映画に出演,テレビ,舞台でも活躍した。エッセイストとしても知られ,53年半生記が「おていちゃん」としてテレビドラマ化された。平成8年8月16日死去。87歳。東京出身。日本女子大中退。本名は大橋貞子。エッセイに「私の浅草」など。
【格言など】事の破るるは得意の日にあり

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

沢村貞子の関連キーワード新聞小説運転注意力モニタ MDAS天理教監獄法地球温暖化夫婦別姓アララギ(短歌結社雑誌)学力次郎長三国志東欧映画

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沢村貞子の関連情報