コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢村貞子 さわむら さだこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢村貞子 さわむら-さだこ

1908-1996 昭和時代の女優。
明治41年11月11日生まれ。4代沢村国太郎の妹。加東大介の姉。左翼劇団で活動,2度逮捕される。昭和9年「野の光」で映画デビュー。戦後も名脇役として「赤線地帯」などおおくの映画に出演,テレビ,舞台でも活躍した。エッセイストとしても知られ,53年半生記が「おていちゃん」としてテレビドラマ化された。平成8年8月16日死去。87歳。東京出身。日本女子大中退。本名は大橋貞子。エッセイに「私の浅草」など。
【格言など】事の破るるは得意の日にあり

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

沢村貞子の関連キーワードチンチン55号ぶっ飛ばせ!! 出発進行沢村国太郎(4代)伴淳・森繁の糞尿譚花嫁はどこにいる足にさわった女喜劇 駅前開運虹の中のレモン無法松の一生沢村 国太郎おていちゃん11月11日私たちの結婚ラッキーさん若い娘たち矢島せい子太陽とバラ結婚の生態加東 大介現代の欲望結婚行進曲

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沢村貞子の関連情報