沢村貞子(読み)さわむら さだこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢村貞子 さわむら-さだこ

1908-1996 昭和時代の女優。
明治41年11月11日生まれ。4代沢村国太郎の妹。加東大介の姉。左翼劇団で活動,2度逮捕される。昭和9年「野の光」で映画デビュー。戦後も名脇役として「赤線地帯」などおおくの映画に出演,テレビ,舞台でも活躍した。エッセイストとしても知られ,53年半生記が「おていちゃん」としてテレビドラマ化された。平成8年8月16日死去。87歳。東京出身。日本女子大中退。本名は大橋貞子。エッセイに「私の浅草」など。
【格言など】事の破るるは得意の日にあり

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沢村貞子の関連情報