コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢村貞子 さわむら さだこ

1件 の用語解説(沢村貞子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢村貞子 さわむら-さだこ

1908-1996 昭和時代の女優。
明治41年11月11日生まれ。4代沢村国太郎の妹。加東大介の姉。左翼劇団で活動,2度逮捕される。昭和9年「野の光」で映画デビュー。戦後も名脇役として「赤線地帯」などおおくの映画に出演,テレビ,舞台でも活躍した。エッセイストとしても知られ,53年半生記が「おていちゃん」としてテレビドラマ化された。平成8年8月16日死去。87歳。東京出身。日本女子大中退。本名は大橋貞子。エッセイに「私の浅草」など。
【格言など】事の破るるは得意の日にあり

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

沢村貞子の関連キーワード森赫子川路竜子鈴木澄子武知杜代子常盤操子初音礼子伏見直江二葉かほる松下忠南政善

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沢村貞子の関連情報