可動鉄片型計器(読み)かどうてっぺんがたけいき(英語表記)moving iron instrument

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

可動鉄片型計器
かどうてっぺんがたけいき
moving iron instrument

測定すべき交流電流を固定コイルに流し,コイル内可動部に取付けられた鉄片に作用する電磁力を利用した指示計器。種々の鉄片構造が考案されてきたが,反発式と反発吸引式が基本型である。反発式は固定コイルのなかに固定鉄片と可動鉄片とを置く。電流によってこれらは同一の向きに磁化されて反発力を生じる。反発吸引式は,反発式の固定鉄片と可動鉄片を2対配置したもので,指示の小さい間は反発力により作動し,最大指示に近づくと吸引力を受ける。いずれも発生するトルクは電流の実効値に比例する。商用周波数の交流の電流計および電圧計の大部分がこの型で,500Hzくらいまでの低周波用の計器として用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かどうてっぺんがたけいき【可動鉄片型計器】

固定コイルを流れる電流が作る磁場中に可動および固定鉄片を置き、両者間に働く力で指針を動かす方式の電気計器。精度はあまりよくないが、交流の電流計・電圧計として広く用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android