コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可変語長方式 かへんごちょうほうしきvariable word length method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

可変語長方式
かへんごちょうほうしき
variable word length method

コンピュータの記憶の単位である語 (桁) の長さを変化させうる方式。ほとんどの場合,語の長さは 16ビット,32ビットなどのように固定長であるが,任意の桁数の数値とか,任意の長さの文字列を扱いたい場合などでは,可変語長方式がとられる。この場合は,多くはバイト単位になっていて,任意の長さのバイト数を一つの数値として扱うことになり,語の先頭と終末に特殊ビットが入れてあって,語の境界を知るようになっている。この種の方式をとるコンピュータでは,必然的に直列型の読み書き演算を行うことになり,処理速度の向上が望めないため,あまり一般的ではない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

可変語長方式の関連キーワード固定語長方式

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android