コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可楽洞遺跡 からくどういせき Karakdong

1件 の用語解説(可楽洞遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

からくどういせき【可楽洞遺跡 Karakdong】

大韓民国ソウル特別市江南区可楽洞にあって,西海岸中部地方における無文土器(青銅器)時代の代表的集落遺跡。可楽洞一帯の低い丘陵地の一つで,標高約40mの山の脊梁部に立地する。1963年の発掘調査によって,東西10m・南北7mの大型で,平面長方形竪穴式住居跡が検出された。出土遺物には,石鎌,石鏃,石錐などの磨製石器無文土器がある。この遺跡を著名にしたのは,壺と甕など無文土器の組合せがわかったことである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

可楽洞遺跡の関連キーワード韓国城南ソウル大韓民国南山在日本大韓民国民団江南区青瓦台民団ソウル放送

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone