コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石錐 せきすい

大辞林 第三版の解説

いしきり【石錐】

せきすい【石錐】

縄文・弥生時代の打製石器の一。先端を鋭くとがらせ、穴をあけるために用いた。いしきり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石錐
いしきり

剥片(はくへん)石器の一種。黒曜石、石英などのガラス質の硬質な岩石の性質を巧みに利用し、打ち欠き、押圧(おうあつ)剥離などによって細かく加工し、先端を鋭利な錐状にし、基部は扁平(へんぺい)に幅広くしてある。基部を親指と人差し指で押圧しながら回転させると穿孔(せんこう)できる機能をもつ。縄文早期中葉から弥生(やよい)文化中期にわたって存続し、木、骨角牙(こっかくが)器、石などの穿孔に用いたほか、北海道方面では皮ドリルとして使用したものもある。[江坂輝彌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

石錐の関連キーワードストロンチウム水酸燐灰石譲原石器時代住居跡バルディビア文化ソリュートレ文化ウスチベラヤ遺跡伊勢堂岱遺跡小牧野遺跡可楽洞遺跡子母口貝塚紫雲出遺跡北白川遺跡三宮貝塚鳴神貝塚里木貝塚轟貝塚穿孔縄文

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android