石錐(読み)せきすい

大辞林 第三版の解説

いしきり【石錐】

せきすい【石錐】

縄文・弥生時代の打製石器の一。先端を鋭くとがらせ、穴をあけるために用いた。いしきり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石錐
いしきり

剥片(はくへん)石器の一種。黒曜石、石英などのガラス質の硬質な岩石の性質を巧みに利用し、打ち欠き、押圧(おうあつ)剥離などによって細かく加工し、先端を鋭利な錐状にし、基部は扁平(へんぺい)に幅広くしてある。基部を親指と人差し指で押圧しながら回転させると穿孔(せんこう)できる機能をもつ。縄文早期中葉から弥生(やよい)文化中期にわたって存続し、木、骨角牙(こっかくが)器、石などの穿孔に用いたほか、北海道方面では皮ドリルとして使用したものもある。[江坂輝彌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いし‐きり【石錐】

〘名〙 石器時代の打製石器の一つ。黒曜石や硅岩(けいがん)などで作り、先端を鋭くとがらせ、穴をあけるのに用いる。せきすい。

せき‐すい【石錐】

〘名〙 石器時代の石器の一つ。長さ三センチメートル前後の一端針状にとがらせた打製石器。頭部を平たくしたものと全体を棒状にしたものとがある。いしきり。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android