磨製石器(読み)ませいせっき

世界大百科事典 第2版の解説

ませいせっき【磨製石器】

石器時代に使われた石器のうちの〈磨く〉技術によって作られた石器類の総称。磨製の技術は打ち欠く技術より遅れて開発されたが,旧石器時代後期までさかのぼることが知られている。磨製石器は世界中で農具工具,食品加工具,装身具などとして作られ,時代また地域によって種類,変化も大きく,したがって学術的には総称を用いることは少ない。個々の器種別の名称で呼ばれ,必ずしも磨製とことわらないことがあり,ときには磨製と付け加えて時代を区別することもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磨製石器
ませいせっき

石材加工の三つの基本技術の一つ「磨く」方法によって最終的に形を整え、機能を与えた石製道具類をさす。石製の砥石(といし)(砂岩)を用いて研ぎ減らす作業が行われるが、初め打ち割る技術によって粗く形をつけておくこと、さらに磨きの効率をあげるために敲打(こうだ)によって割れ面の凹凸をならすように調整する作業もあわせて行われることがある。後期旧石器時代には唯一の局部磨製石斧(せきふ)がある。縄文時代には小形局部磨製石斧、擦切(すりきり)石斧、乳棒状石斧、定角(ていかく)式石斧、小形磨製石斧類や、非実用的な石棒、石剣、石冠(せっかん)、独鈷(どっこ)石、青竜刀(せいりゅうとう)石器、御物(ぎょぶつ)石器、磨きあげて文様を刻み込む岩偶(がんぐう)、岩版などがある。弥生(やよい)時代には太形蛤刃(ふとがたはまぐりば)石斧、扁平片刃(へんぺいかたば)石斧、柱状片刃石斧(抉入(えぐりいり)石斧)、有角石斧、環状石斧、多頭石斧などの磨製石斧類や、石包丁(いしぼうちょう)、大形石包丁、磨製石鏃(せきぞく)、金属製武器模倣の石剣類、紡錘車などがある。実験によると、立木の伐採の場合、磨製石斧は打製石斧より効率がよいという。多くは比較的磨きやすい岩石(砂岩、粘板岩、片岩類、蛇紋岩など)が用いられるが、弥生時代の太形蛤刃石斧には硬い安山岩、斑糲(はんれい)岩、閃緑(せんりょく)岩が用いられている。

[松沢亜生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ませい‐せっき ‥セキキ【磨製石器】

〘名〙 研磨された石器の総称。日本の縄文時代は打製石器が中心であるが一部に磨製がみられる。彌生時代に盛行し、器種として、石鏃・石斧・石庖丁・石棒のほか、金属利器を模した石剣・石戈などがある。〔大増補改訂や、此は便利だ(1936)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

磨製石器
ませいせっき

砂や砥石 (といし) で表面を磨いた石器
旧石器時代の打製石器に対して,新石器時代に作られた石器。農耕発達に伴って石斧や石臼・石皿・石杵など多くのものが現れた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

磨製石器
ませいせっき

石を磨いてつくりあげた石器
打製石器に対するで,この技術は新石器時代のもの。日本では縄文時代に磨製の石斧や石剣がみられ,弥生時代には石包丁が現れた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の磨製石器の言及

【新石器時代】より

…イギリスのラボックJ.Lubbock(ロード・エーブリー)が《先史時代Prehistoric Times》(1865)で,石器時代を旧石器時代と新石器時代とに二分したことに始まる。旧石器時代が洪積世(更新世)に属するのに対して,新石器時代は沖積世(完新世)に属し,旧石器時代には打製石器のみを用いたのに対して,新石器時代は磨製石器によって特徴づけられ,また石英の一種であるフリント製の精巧な打製石器も使用している。装身具として自然金を用いることはあっても,銅,鉄などの金属を加工する知識はもたない。…

【刃物】より

… 石器・金属器を問わず,刃物は損耗すると刃がつけなおされる。打製石器の場合は新たな打ち欠きによって,磨製石器・金属器の場合は砥石で磨くことによって新しい刃を作り出す。この過程が繰り返され,長さや幅が,柄に着装する,あるいは手に握る限度に達すると,刃をつけなおすことなく使われ,最後に捨てられる。…

※「磨製石器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報