可消化粗タンパク質

栄養・生化学辞典の解説

 食品の中の窒素量をケルダール法で分析定量し,窒素換算係数(特別の食品以外は6.25)をかけて得た値.タンパク質のほかに遊離アミノ酸ペプチドアミンなどタンパク質以外の窒素化合物も含まれることから,「」をつける.ただし,硝酸態窒素は定量されないので,粗タンパク質には含まれない.食品の粗タンパク質のうち,消化される部分を可消化粗タンパク質という.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android