コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可消化粗タンパク質

栄養・生化学辞典の解説

可消化粗タンパク質

 食品の中の窒素量をケルダール法で分析定量し,窒素換算係数(特別の食品以外は6.25)をかけて得た値.タンパク質のほかに遊離アミノ酸ペプチドアミンなどタンパク質以外の窒素化合物も含まれることから,「粗」をつける.ただし,硝酸態窒素は定量されないので,粗タンパク質には含まれない.食品の粗タンパク質のうち,消化される部分を可消化粗タンパク質という.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

可消化粗タンパク質の関連キーワード可消化養分総量飼料

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android