可測集合(読み)かそくしゅうごう(英語表記)measurable set

世界大百科事典 第2版の解説

かそくしゅうごう【可測集合 measurable set】

Rをユークリッド空間とする。Rにおける面積や体積の概念の拡張であるルベーグ測度が定義されている集合をルベーグ可測集合という。ルベーグ可測集合の全体をMと書くことにするとMは次の性質をもつ。(1)空集合φはMに属する。(2)AMならば,その余集合RAM。(3)A1,A2,……,An,……∈Mならばそれらの合併集合Aこの三つの性質から次のことが導かれる。(4)全空間RMに属する。(5)Mに属する集合の合併,差,共通部分を作る演算をたかだか可算無限回行って得られる集合はMに属する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android