コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台風(2006年) たいふう/2006ねんのたいふう/にせんろくねんのたいふうTropical Cyclones in 2006

1件 の用語解説(台風(2006年)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

台風(2006年)

2006年の発生数は23個で平年(26.7個)より少なく、上陸も8月18日1時過ぎに宮崎市付近に上陸した10号(WUKONG)と、9月17日18時過ぎに長崎県佐世保付近に上陸した13号(SHANSHAN)の2個であった(平年2.6個)。このうち、13号は、強い勢力を保ったまま、沖縄地方を通過し、九州地方に接近・上陸したため、沖縄地方から九州地方にかけて暴風となり、沖縄県竹富町西表島で最大瞬間風速69.9メートル、長崎市野母崎最大風速46メートルを観測した。また、台風と活発な前線の活動により、沖縄県や九州・中国地方では降り始めからの総降水量が9月の月間平均降水量を超える大雨となり、大分県佐伯市蒲江では、1時間に122mmの豪雨を観測した。このため、佐賀県で土砂災害や浸水害により死者が3人、宮崎県延岡市では竜巻が発生し死者が3人など、暴風や大雨により、西日本から沖縄で、死者・行方不明者10人、負傷者448人、住家被害1万1900棟、浸水被害1400棟などの大きな被害が発生した。

(饒村曜 和歌山気象台長 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

台風(2006年)の関連キーワード意匠アイスランドの要覧アイルランドの要覧アルゼンチンの要覧アルバニアの要覧イラクの要覧エストニアの要覧エチオピアの要覧オーストリアの要覧カーボベルデの要覧

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone