台風一過(読み)タイフウイッカ

デジタル大辞泉の解説

たいふう‐いっか〔‐イツクワ〕【台風一過】

台風が通り過ぎたあと、が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たいふう‐いっか ‥イックヮ【台風一過】

〘名〙 台風が通り過ぎること。また、その後の状態の比喩。
※武州このごろ記(1935)〈北条清一〉埼玉史話「血腥い台風一過、熊谷宿も明治五年には戸長制度に、〈略〉文明開化に向って進んで来たわけだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れわたりよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。

[使用例] 台風一過の言葉どおり、翌朝は見事な秋晴れであった[渡辺淳一*花埋み|1970]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報