騒動(読み)ソウドウ

デジタル大辞泉の解説

そう‐どう〔サウ‐〕【騒動】

多人数が騒ぎたてて秩序が乱れること。また、そのような事件や事態。「騒動を起こす」
もめごと。争い。「お家―」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうどう【騒動】

( 名 ) スル
事件や事変が起こって、大ぜいの人々が、落ち着かずにざわめいたり、統制が乱れたりすること。また、そのざわめきや乱れ。 「夜中二時と覚しき頃ろ船中俄に-す/浮城物語 竜渓
(世間を騒がせるような)大きなもめごと。争い。 「お家-」 「米-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そう‐どう サウ‥【騒動】

〘名〙
① (━する) 大ぜいの人々がさわぎたてること。乱れさわぐこと。
※日本後紀‐大同五年(810)九月一〇日「縁遷都事、人心騒動」
※今昔(1120頃か)二五「大きに兵を発(おこ)して責め来るに、国の内騒動して、不靡(なびかず)と云事なし」 〔孫子‐用間〕
② (━する) 事変がおこること。天災など、非常の事態がおこること。
※香取文書‐文治二年(1186)六月日・摂政〈藤原兼実〉家政所下文「天下騒動出来畢」
③ (━する) 大きなもめごとがおこること。争い。
※石山寺所蔵虚空蔵念誦次第裏文書‐康保三年(966)三月一七日・藤原忠平解「方今謹案事情、公忠宿衛騒動之時、無犯之由、公家是所知食也」
※随筆・胆大小心録(1808)六二「是皆つしまの家老平田将監と云ふ人の欲心から出来たさう動じゃとさ」
④ 江戸時代、文化(一八〇四‐一八)から幕末へかけての流行語。大変、おおごと、一大事の意で用いた。〔大坂繁花風土記(1814)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

騒動の関連情報