コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合式 ガッシキ

デジタル大辞泉の解説

がっ‐しき【合式】

[副]のこらず。全部。一切合切。
「―お一人でなされうから」〈滑・古朽木・三〉

ごう‐しき〔ガフ‐〕【合式】

法式にかなうこと。法則どおりであること。
「其全権たる証を―の儀に於て示授したることを記す」〈西周訳・万国公法〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がっしき【合式】

( 副 )
のこらず。すべて。一切合切。 「 -お一人でなされうから/滑稽本・古朽木」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

合式の関連キーワードリープフラウエン聖堂[トリール]三菱ふそう スーパーグレートいすゞ 大型観光バス ガーラ日産ディーゼル コンドルホンダ VFR800FI三菱ふそう MBECS旧二条離宮〈二条城〉ヤマハ YZ400F部分構造合成法コンポジット式日野 ポンチョいすゞ ギガ共役二重結合巡航ミサイル国会議事堂記述書誌学石人山古墳コロセウム下田菊太郎水晶時計

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合式の関連情報