コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弁事/辨事 バンズ

デジタル大辞泉の解説

ばん‐ず【事/×事】

禅寺で、雑務に従う者。べんじ。

べん‐じ【弁事/×辨事】

事務を取り扱うこと。また、その人。
禅寺での職位の一。首座(しゅそ)に侍して雑務を行う者。ばんず。
明治元年(1868)太政官の総裁局に置かれ庶務に従事した職員の称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばんず【弁事】

禅宗で、雑務に使う者の総称。べんじ。

べんじ【弁事】

事務を取り扱うこと。また、その人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

弁事/辨事の関連キーワードオープンスカイ協定と独占禁止法の適用除外ポーランド・ハンガリー支援多国間会議スターバックス コーヒー ジャパン北方領土での共同経済活動ジョイント・ベンチャーシーアン(西安)特別市アンジェラ アーレンツ丸紅オートモーティブ上海ディズニーランドアセアン工業合弁事業コンソーシアムバンクゼネラル・ミルズ東洋情報システムキングズタウンウランバートル日中租税協定経済協力機構バリクパパン共同経済活動渡辺 喜久造

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android