コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合成変質帯 ごうせいへんしつたいzone of anamorphism

1件 の用語解説(合成変質帯の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

合成変質帯

地殻の下部地帯で,おおよそ12km以下の深さの所[Van Hise : 1904].この帯では岩石の流動,脱水作用,脱炭酸化作用,珪化作用が特徴である.この帯はグルーベンマンのメソ帯やカタ帯と同義[Grubenmann : 1907].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

合成変質帯の関連キーワードベスビオ[山]秋田・児童連続殺害世界クロスカントリー選手権会津盆地伊勢平野上町台地海ノ中道恵那峡オーバーアマガウカヤオ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone