コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合成変質帯 ごうせいへんしつたいzone of anamorphism

岩石学辞典の解説

合成変質帯

地殻の下部地帯で,おおよそ12km以下の深さの所[Van Hise : 1904].この帯では岩石の流動,脱水作用,脱炭酸化作用,珪化作用が特徴である.この帯はグルーベンマンのメソ帯やカタ帯と同義[Grubenmann : 1907].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

合成変質帯の関連キーワード構成変質帯

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android