コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢平野 いせへいや

7件 の用語解説(伊勢平野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊勢平野
いせへいや

三重県東部,伊勢湾に臨む海岸平野。南北に細長く,北は揖斐川から南は伊勢市北部を通る中央構造線まで。長さ約 90km。幅 15~25km。西端は鈴鹿山脈布引山地など傾動地塊急斜面に続く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いせ‐へいや【伊勢平野】

三重県東部、伊勢湾に面する南北に細長い平野。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伊勢平野【いせへいや】

三重県東部,鈴鹿山脈伊勢湾にはさまれた平野。南北約120km,幅約12km,沖積低地(海岸・三角州)と一段高い洪積台地からなる。伊勢米,茶などを多産する農業地帯で,県の主要都市が集中して発達,四日市を中心に石油化学工業を中核とする臨海工業地帯が発展している。
→関連項目朝日[町]員弁[町]嬉野[町]小俣[町]香良洲[町]河芸[町]芸濃[町]鈴鹿[市]多気[町]玉城[町]津[市]久居[市]三重[県]四日市[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いせへいや【伊勢平野】

伊勢湾西岸の海岸平野で,三重県の主要部を占める。北は木曾三川養老山地,西は鈴鹿山脈布引山地,南は中央構造線に沿う高見山地,朝熊(あさま)山地で限られる。海岸線は単調で,遠浅の砂浜海岸である。海岸線に沿って狭い浜堤と後背湿地をもつ沖積平野が南北に連なり,山麓の段丘や扇状地群と接している。北端には木曾川,長良川によって形成された輪中地帯,揖斐(いび)川の三角州,鈴鹿川,岩田川,雲出(くもず)川,櫛田川,宮川などの諸河川によって開析・堆積された段丘,扇状地が連なっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いせへいや【伊勢平野】

伊勢湾沿いに広がる平野。洪積台地と沖積低地からなる。三重県の主要部。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕伊勢平野(いせへいや)


三重県東部、伊勢湾に面する平野。北東は養老(ようろう)山地、北西は鈴鹿(すずか)山脈、西は布引(ぬのびき)山地、南西から南は中央構造線に沿う高見(たかみ)山地、紀伊山地から志摩半島に延びる山地に囲まれる。東西約15~25km、南北約70km。員弁(いなべ)川・鈴鹿川・雲出(くもず)川・櫛田(くしだ)川・宮川などが形成した洪積(こうせき)台地とその周辺の沖積(ちゅうせき)低地からなる。伊勢米や茶を産する農業地帯。南部は施設園芸が盛ん。北部の四日市(よっかいち)市周辺を中心に、石油化学工業中心の臨海工業地帯が形成されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊勢平野
いせへいや

三重県東部、伊勢湾に面し、ほぼ南北に細長い海岸平野。北は木曽(きそ)川デルタに始まり、南は櫛田(くしだ)川に沿う中央構造線に至る。中央の津、松阪あたりで内陸へくびれ、南部は東へ大きく湾曲した海岸線をもつ。南北ほぼ90キロメートル、東西15~25キロメートルで、内陸は鈴鹿(すずか)山脈を構成する傾動地塊の急斜面と、その南に続く高見山地、紀伊山地でくぎられる。山麓(さんろく)に扇状地、段丘が発達し、海岸に沿って、北から員弁(いなべ)、鈴鹿、安濃(あのう)、雲出(くもず)、櫛田、宮川などの河川が形成した沖積地が展開する。コシヒカリを中心とした稲作が盛んで、イチゴなどの施設園芸が行われる。また、臨海地域は工業地帯となっている。三重県の主要部をなし、県下14市のうち桑名、四日市、鈴鹿、亀山(かめやま)、津、松阪、伊勢の7市が集まる。JRの紀勢本線、関西本線、名松(めいしょう)線、参宮線、近畿日本鉄道の名古屋線、大阪線、山田線、湯の山線、鈴鹿線、伊勢鉄道、国道1号、23号などが走っている。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊勢平野の関連キーワード四日市桑名香良洲[町]河芸[町]川越[町]三雲[町]三重県三重郡川越町二見〈町〉御薗〈村〉三重県多気郡明和町

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊勢平野の関連情報