コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会津盆地 あいづぼんち

7件 の用語解説(会津盆地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

会津盆地
あいづぼんち

福島県北西部にある盆地。猪苗代湖の北西に位置する。南北 30km,東西 10km。西は加納-新鶴線,東は滝沢-雨屋線に沿う急斜面に挟まれた地溝状の断層盆地。大川,日橋川が盆地の中央部で合流し阿賀川となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あいづ‐ぼんち〔あひづ‐〕【会津盆地】

福島県西部の盆地。中心都市は会津若松市。旧称、居平(いだいら)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

会津盆地【あいづぼんち】

福島県北西部,奥羽山脈越後山脈との間にある地溝状の盆地。東西約12km,南北約35km,盆地床の標高は中央部で180m。阿賀野川の上流日橋(にっぱし)川に多くの支流が扇状地を形成して流入する。
→関連項目会津高田[町]会津坂下[町]会津本郷[町]河東[町]喜多方[市]塩川[町]磐梯[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あいづぼんち【会津盆地】

福島県西部,会津地方の中央にある断層盆地東北地方奥羽山脈西側に並ぶ盆地列の南端に位置し,越後(新潟)平野から郡山盆地にかけた東西方向の低地列とも交わっている。盆地床は南北約35km,東西最大13kmと南北に長い長方形を示すが,周辺山地は北部と南部が高く,東西方向に高い山並みが続く。盆地床の西部と東部の南半部は明神ヶ岳断層崖や吹矢山断層崖などで,南北方向の線で明瞭に周辺山地と区切られるが,東部の北半部では雄国火山麓や翁島泥流の押出しが盆地床にゆるやかに移行する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あいづぼんち【会津盆地】

福島県西部の盆地。日橋川・大川が流れ、合流し阿賀川となって西流。稲作・園芸栽培が盛ん。中心都市会津若松市。会津平。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕会津盆地(あいづぼんち)


福島県西部の盆地。奥羽(おうう)山脈西側の構造性盆地。南北約30km、東西約10kmに及ぶ大盆地で、中心都市は会津若松(あいづわかまつ)市。盆地床は標高約170~250mとほぼ平坦で、会津平(あいづだいら)ともよばれる。帝釈(たいしゃく)山脈から北流する大(おお)川が日橋(にっぱし)川・只見(ただみ)川などの河水を集め、阿賀野(あがの)川となって西流する。盆地床は東北地方有数の稲作地帯。山麓(さんろく)の扇状地ではかつてカキ・薬用ニンジンを特産したが、近年はハウス栽培による蔬菜(そさい)栽培も盛ん。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

会津盆地
あいづぼんち

福島県西部、会津地方の中北部にある盆地。東の吹矢(ふきや)山断層崖(がい)、西の会津盆地西縁断層崖に挟まった地溝を主部としている。中央の埋積地を会津平(だいら)とよび、その大部分はかつての湖沼の跡地とみられる。会津盆地西縁断層は北部と南部とに分けられているが、ともに活断層で、洪積層を切っており、阿賀川(大川)の流出口である山崎西方では段丘を刻んでいる。この段丘面がもとは会津平の平坦(へいたん)面とつながっていたはずである。東部でも山麓(さんろく)に円礫(えんれき)層をのせる緩斜面があり、活断層を暗示している。なお、2004年(平成16)に会津盆地周辺の活断層の詳細な位置を示した地図(2万5000分の1)が国土地理院から発表された。
 1536年(天文5)鶴沼(つるぬま)川で白髭(しらひげ)の大水といわれる洪水があり、会津美里(みさと)町以北が現流路に変わった。会津平は平坦で氾濫(はんらん)を繰り返したが、堰水(せきすい)利用で水田化が進んでいる。[安田初雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の会津盆地の言及

【福島[県]】より

…【狐塚 裕子】
[3列の山地と低地]
 福島県は,ほぼ南北に並列する三つの山地と三つの低地から形成されており,全体としては山地・丘陵地が広い。山地は東から阿武隈高地,奥羽山脈と飯豊(いいで)山地・越後山脈であり,太平洋とそれらの山地の間に,東から浜通り低地帯(浜通り),中通り低地帯(中通り)および会津地方の会津盆地・田島盆地が南北に並列している。阿武隈高地は大部分が標高1000m以下の高原状地形であり,高地内には樹枝状谷が発達する。…

※「会津盆地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

会津盆地の関連キーワード猪苗代盆地奥羽地方奥羽本線雫石盆地米代川奥羽大学奥羽クラトン内部の盆地福島県西白河郡矢吹町善郷内福島県岩瀬郡天栄村

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

会津盆地の関連情報