コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合歓塩 がっかえん

世界大百科事典 第2版の解説

がっかえん【合歓塩】

雅楽,舞楽管絃の曲名。唐楽太食調(たいしきちよう)。管絃で奏されるときは《合歓塩》の名で,舞楽として奏されるときは《太平楽》の急の章に用いられ,舞楽の《合歓塩》という曲はない。古い記録によれば,合歓の楽は五音(ごいん)がよく整い,歓喜の声が備わっているのでこの名があるという。管絃のときは早四拍子,拍子16の中曲。舞楽のときは早四拍子,拍子24で三べん繰り返す。さらに,舞人が入手(いるて)を舞って降台するときにも,重吹(しげぶき)と称して,急の章をもう一度演奏する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android