コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合歓塩 がっかえん

世界大百科事典 第2版の解説

がっかえん【合歓塩】

雅楽,舞楽管絃の曲名。唐楽太食調(たいしきちよう)。管絃で奏されるときは《合歓塩》の名で,舞楽として奏されるときは《太平楽》の急の章に用いられ,舞楽の《合歓塩》という曲はない。古い記録によれば,合歓の楽は五音(ごいん)がよく整い,歓喜の声が備わっているのでこの名があるという。管絃のときは早四拍子,拍子16の中曲。舞楽のときは早四拍子,拍子24で三べん繰り返す。さらに,舞人が入手(いるて)を舞って降台するときにも,重吹(しげぶき)と称して,急の章をもう一度演奏する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android