管絃(読み)かんげん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

管絃
かんげん

「かげん」ともいう。雅楽の唐楽のうち、純粋な器楽合奏の形態のもの。広義には催馬楽(さいばら)・朗詠も含む。平安貴族の御遊(ぎょゆう)のなかで舞楽からしだいに舞が除外されたもので、管絃吹(ぶき)と称し、各楽器の技法が駆使される。[橋本曜子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

管絃の関連情報