コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太平楽 たいへいらく

8件 の用語解説(太平楽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太平楽
たいへいらく

日本の雅楽の曲名。唐楽,太食 (たいしき) 調に属する。『朝小子 (ちょうごし) 』『武昌楽 (ぶしょうらく) 』『合歓塩 (がっかえん) 』という独立した3つの楽曲を,道行,破,急に配した大規模な舞楽曲。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいへいらく【太平楽】

雅楽。唐楽。太食(たいしき)調で新楽の中曲。朝小子(ちょうこし)・武昌楽・合歓塩(がっかえん)からなる合成曲。舞は四人舞。即位の大礼のあとなどに演じる。番舞(つがいまい)は陪臚(ばいろ)など。武昌破陣楽。
[名・形動]が悠長な曲とされたところから》勝手なことを言ってのんきにしていること。勝手気ままにふるまうこと。また、そのさま。太平。「酒を飲みながら太平楽を並べる」「太平楽な暮らしぶり」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

太平楽【たいへいらく】

雅楽舞楽の曲名。太食(たいしき)調の唐楽。《朝小子(ちょうこし)》《武昌楽(ぶしょうらく)》《合歓塩(がっかえん)》という3曲を,道行,破,急の3楽章に配したもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

たいへいらく【太平楽】

秋田の日本酒。酒名は、雅楽の武舞「太平楽」に由来。平成2、7、17年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。蔵元の「太平楽酒造店」は昭和13年(1938)創業。所在地は大館市泉町。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たいへいらく【太平楽】

雅楽・舞楽の曲名。唐楽に含まれ太食(たいしき)調。四人舞の武ノ舞。《武昌太平楽》《武将破陣楽》《項荘鴻門曲》《五方獅子舞》《城舞》などの別名がある。番舞(つがいまい)は《陪臚(ばいろ)》。《万歳楽(まんざいらく)》とともにめでたい曲として天皇の即位式に奏されてきた。中国風に武装した豪華な出立(いでたち)で舞う。面は用いない。甲をかぶり,鎧をつけたうえに肩喰(かたくい)(木製の獅子頭を模したもの)を肩に,帯喰(おびくい)(木製の鬼の面)を帯の前面につける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいへいらく【太平楽】

勝手なことを言いたい放題に言うこと。勝手な振る舞い、また、そのようなさま。 「のんきに-を並べる」
舞楽名(別項参照)。

たいへいらく【太平楽】

舞楽の一。左方に属する新楽で、太食たいしき調の中曲。四人による武舞ぶのまい。曲は、朝小子ちようごし・武昌楽ぶしようらく・合歓塩がつかえんの三曲から成る。甲冑かつちゆうに魚袋ぎよたい・胡簶やなぐいなどをつけ、太刀、次いで鉾ほこを執って舞う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太平楽
たいへいらく

雅楽の曲名。別名を「武将破陣楽」「武昌太平楽」「頂荘鴻曲」「五方獅子舞」「城舞」ともいう。唐楽、太食(たいしき)調。四人舞で、道行(みちゆき)・破・急にそれぞれ『朝小子(ちょうこし)』『武昌楽』『合歓塩(がっかえん)』という曲をあて、組曲形式をとる。代表的な武の舞で、漢の高祖が項羽を討ち天下を統一したさまを描く。太食調調子ののち、序にあたる『朝小子』では4人が一列縦隊でゆっくりと登台、『武昌楽』では鉾(ほこ)を手に勇壮に舞う。『合歓塩』では軽快に曲を繰り返すうちに金の太刀(たち)を抜く。降台は「重吹(しげぶき)」と称して当曲の『合歓塩』をふたたび奏し、また一列縦隊で行う。装束は別装束で、鎧(よろい)、兜(かぶと)、肩喰(かたくい)、各種の武具など約16種、15キログラムにも及ぶ。胡(やなぐい)の矢は矢尻(やじり)を上に向けて平和の象徴とする。番舞(つがいまい)は『陪臚(ばいろ)』。[橋本曜子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の太平楽の言及

【舞楽装束】より

…冠,蛮絵の刺繡(ししゆう)のある袍,下襲,表袴,赤大口,金帯または銀帯,笏,糸鞋,以上で一具となるが,特殊なものとして,《春庭花(しゆんでいか)》(《春庭楽》の二帖のときの曲名)の場合は,太刀も用いる。(3)別装束 個々の曲に固有の装束で,左方では,《散手(さんじゆ)》《抜頭(ばとう)》《陵王》《胡飲酒(こんじゆ)》《蘇莫者(そまくしや)》《還城楽(げんじようらく)》《打球楽(たぎゆうらく)》《青海波》《採桑老(さいそうろう)》《太平楽》等,右方では,《貴徳》《還城楽》《抜頭》《納曾利(なそり)》《八仙》《林歌(りんが)》《陪臚(ばいろ)》等が別装束を用いる。このうち《青海波》《太平楽》《採桑老》《八仙》《林歌》以外は裲襠(りようとう)装束といわれる古代の貫頭衣(かんとうい)で袍の上に着用し,毛縁(けべり)と金襴縁(きんらんべり)とがあり,毛縁は《散手》《抜頭》《陵王》《胡飲酒》《蘇莫者》《還城楽》《貴徳》《納曾利》で用い,赤,茶,黄,紺の元白の染め分けでできた毛(生絹)で縁どられており,胸と背にある2個ずつの丸紋の中には,《陵王》は竜,《納曾利》は鳥,《抜頭》《散手》等は唐花の図案化されたものがそれぞれ織り出されており,唐織物である。…

※「太平楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

太平楽の関連キーワード還城楽春鶯囀青海波蘇合香打球楽長慶子抜頭散手合歓塩二ノ舞

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

太平楽の関連情報