コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加納 かのう

14件 の用語解説(加納の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加納
かのう

岐阜県,岐阜市の中心市街地の一部で,JR東海道本線の南側にある地区。慶長6 (1601) 年に徳川家康が加納城を築城し,奥平氏を封じてから城下町となり,中山道の宿場町も兼ねて発展した。以来明治期にいたるまでこの地方の政治の中心地であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

加納
かのう

平安時代中期の 11世紀中葉以降において,荘園の本田以外に,本田の田租に加えて,荘園領主に田租を納める田地のこと。荘園拡大の槓杆 (こうかん) とされたため,延久1 (1069) 年の荘園整理令以後,特に荘園整理の対象となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かのう【加納】[地名]

岐阜市南部の地名。もと永井氏の城下町、中山道の宿場町。和傘を特産。

かのう【加納】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「加納」姓の人物
加納夏雄(かのうなつお)
加納諸平(かのうもろひら)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

加納【かのう】

美濃(みの)国(岐阜県南部)の城下町中山道宿駅。現在の岐阜市街南部に位置した。15世紀頃,加納郷に真宗寺院の円徳寺を中心として寺内町が形成され,1567年織田信長加納市楽市としている。
→関連項目荘園(日本)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かのう【加納】

11~12世紀の荘園発展期において,荘地拡大の一手段として,荘民が出作している公田や,荘内に一部入作している公民の耕作する公田等を,荘田と主張し本免田(免田)の付属地として荘内にとり込むことをいい,そのような田地を加納田という。本免田を本田というのに対して,加納田は加納余田ないし単に余田ともいう。1069年の延久の荘園整理令は,1045年の寛徳整理令以後の新立荘園の停廃とともに,このような加納余田の収公を眼目としたが,院政期には新立荘園が増加するとともに,既存の荘園は広大な加納田を加えて,一円不輸の荘園として確立していった。

かのう【加納】

美濃国(岐阜県)厚見郡の城下町,中山道の宿駅。近世では上加納村(のち4村に分村),御園町,加納町,下加納村をさすが,御園町は正確には上加納村の一部であり,加納町も上・下加納両村にまたがって形成されたものである。1601年(慶長6)加納藩の創設にともない,加納城(中世の斎藤利永の城跡)と城下町建設が開始されたが,その際に岐阜城が解体されて加納城に使われ,また岐阜町辺の古家材なども用いられたという。織田信長の制札で有名な加納楽市場(加納市)は,上加納にあった円徳寺門前の寺内町といわれ,のちの加納町とは少し位置が違うように思われるが詳しいことは現在のところ不明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かのう【加納】

荘田の一種。荘民が免税地(本免)以外に耕作した公田。また、これに課税すること。加納田。

かのう【加納】

岐阜市南部の地名。加納藩の城下町・中山道の宿場町。和傘・提灯ちようちん・美濃紙を特産する。

かのう【加納】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加納
かのう

岐阜市南部の一地区。旧加納町。JR岐阜駅の南に位置し、名古屋鉄道本線の加納駅がある。江戸時代には加納藩の城下町、中山道(なかせんどう)の宿場町であった。関ヶ原の戦い(1600)後、徳川家康はこの地に着目し、西に対して備えるべく、岐阜城を廃して加納の旧城を拡充修築させ、奥平(おくだいら)氏10万石の居城とし、江戸幕府の軍事的拠点とした。その役割はのちに失われ、禄高(ろくだか)3万2000石に縮小されるに伴い、藩勢が衰え、藩士は窮迫して、和傘製造の内職に頼らねばならなかった。この和傘製造は、伝統工業として現在も受け継がれている。加納城跡は国の史跡となっていて、加納公園として整備されている。[上島正徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加納の関連キーワード安中垂井美濃美濃加茂岐阜県大垣市青野町岐阜県恵那市大井町岐阜県美濃市曽代岐阜県美濃市蕨生各務吉雄各務吉宗

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加納の関連情報