コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合田丁字路 ごうだ ちょうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

合田丁字路 ごうだ-ちょうじろう

1906-1992 昭和-平成時代の俳人。
明治39年10月29日生まれ。昭和2年高浜虚子(きょし)主宰のホトトギスに入会。21年から香川県で俳誌「紫菀」を主宰し,29年ホトトギス同人となる。「四国新聞」俳壇の選者をつとめた。平成4年10月28日死去。85歳。香川県出身。坂出商業卒。本名は久男。句集に「火焔樹(かえんじゅ)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

合田丁字路の関連キーワードスペースシャトル飛行記録[各個指定]芸能部門クラーク(Larry Clark)近藤芳美ドイツ統一[各個指定]工芸技術部門黒沢清ヨーロッパ通常戦力条約児童雑誌フランス労働総同盟

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone